• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
広州について
首页 > 多语言版本 > Japanese > 楽しい
広州図書館は知識デパートであれば、また、最も美しい閲読空間でもある
2020-03-05

 広州図書館の新館は珠の畔にある花都市広場に位置しており、あたかも広州都市の新しい中軸ラインと珠江景観の軸ラインの交差点における。その外観はまるで積み重ねた書籍のようで、この大きな本は広州の各昼夜を立ち合うだけではなく、広州の市民のためにもカラフルな閲読イベントをもたらし、「知識デパート」であれば、「最も美しい閲読空間」でもある。

 広州図書館は南北タワービルから独特の優雅な「之」フォントスタイリングを組み合わせ、南ビルの西端にある独立とした柱の設計には騎楼のスタイルを融け込み、嶺南の文脈を象徴し、南北の立面はスタイリングの異なる石材とガラスに入り乱れて、形成され、積み重ねた書籍と沈澱した歴史文化を寓意する。開放、平等な空間設計とオーラが湧いた多元的な機能レイアウトは、形の多種多様な閲読イベントにすべてここで互いに補完し合え、図書館が「第三空間」とするコミュニケーション機能を十分に活かした。

 

 広州図書館は合計で10万平方メートルの建築空間があり、総計で350万冊図書のオープン容量を提供し、全部読者が自由に閲読するのに供給し、世界上で最も大きな市民開放タイプ図書館である。90%以上の図書館所蔵を開放し、人が本の傍にいるし、本の傍に人がいるという閲読雰囲気を作り出した。

 

 広州図書館は伝統的な静かに本を読むところだけではなく、また、閲読とコミュニケーションを結び合った公共文化空間でもある。ここで、本、詩、絵、花があり、広州へ観光しに行く時、是非ともここに来て、見てください。