• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
広州について
首页 > 多语言版本 > Japanese > 食べ物
沙河粉
2019-12-30

沙河粉は広州の大衆化された米製品で、とっくに沙河鎮から出たからため、その名を得ました。今からすでに一百年間余りの歴史があり、民間で清の時代の小さな店「義和居」の店主である樊阿香が最初沙河粉を作り出した物語を伝わってきました。民国の期間までに、義和居、福安居、泉珍、同心などやはり沙河鎮で比較的有名な沙河粉店でした。沙河粉は広州から始め、広東、広西、海南に伝わり、且つ華僑の足跡につれて、传至東南アジア乃至欧米各国まで伝わっていきました。沙河粉の作りは手作りで作ることを主とし、その伝統的な作り方は取白雲山上にある九龍泉水を取り、米を浸し、米を粉のりに磨き、蒸し、細切りに切ったもので、沙河粉の伝統的なプロセス作りの要求には最も重要なのは四つポイントである:使用の水、米の選定、粉のりの磨き、粉の蒸し。「薄くて、透明で、柔軟で、つるつると滑り」はあたかも沙河粉のユニークな処です。