• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
広州について
首页 > 多语言版本 > Japanese > 祝い
広府のお茶飲み風習
2020-05-19

広府のお茶飲み風習とは、広州地域で生じ、発展し、且つ広州地域において流行しており、且つ珠江デルタ、香港・マカオ地域や海外広府文化エリアへ放射する一シリーズの朝のお茶を飲むことを中核とする生活風習のことを指します。清代の咸豊・同治時代に現代的な茶楼の前身である「一厘館」、「二厘館」の出現につれて、広府のお茶のみ風習は次第に気風となりました。人々は茶楼へ行って、お茶を飲み、お菓子を添え、豊富なら、美点香ケーキで、簡潔なら、「お茶一杯とニ種類のおやつ」です。現在広州茶楼業界はとても盛んで、有名な茶楼は陶陶居、蓮香楼、栄華楼、広州居酒屋、泮溪居酒屋などがあり、広州風の茶菓子はとても精美で、品種は千種類以上にも達します。この他、またお茶の飲む人数を尋ね、お茶を注文し、お茶の入れる礼儀、「お茶の叩く礼」をしたり、蓋を開けて、水を追加したり、おやつ注文書に捺印したりするなどお茶の礼儀及び風習も形成しました。広府のお茶飲み風習は我が国の飲食文化システム中で、ユニークで、広府文化の主な表現形式です。